家族葬のポイントについて

最近、盛大な葬儀を営むのは無駄だと言う考え方から、家族葬を営まれるケースが増えてます。かつて葬儀を自宅で営んでいた時代には、葬儀を盛大に営む事で、遺族が葬儀の準備で忙殺され、それによって悲嘆に暮れるのを軽減すると言う意味があったようです。
しかし、葬儀が葬儀会館で営まれる様になると、そうした意味も無くなり、親しい親族を中心に、故人を偲びしめやかに葬儀を営む方が良いと考える人が増えて来たからです。
まず、家族葬は家族と言う名前が付いていますが、参列者は家族・親族に限定されるものではありません。家族・親族を中心にした参列者が20名弱までの小さな葬儀だと考えれば良いでしょう。
家族葬専用会館で葬儀を営む事で、費用も低く抑える事が出来ます。参列者が少ないと言う点以上に、葬儀会館は実質本位に造られており、建設費が安く済んでいる事で会館使用料等が割安になっている事が要因として上げられます。
また小規模を想定した会館の式場も狭く、その為に祭壇が小さなものでもみすぼらしくなく、祭壇費用を安くできるます。さらに、親しい人のみの参列なので、儀式に必要な様々な品物のランク選定に見栄を張る必要もなく、こうした点から家族葬は一般の葬儀に比較して大幅に安い費用で営む事が可能となっているのです。
家族葬のこうしたポイントを理解した上で、一般葬にするのか家族葬にするのかを選択されると良いでしょう。