「遺骨は大切にしましょう」

 こんにちは。先ほどからお世話になっております。29歳の男性で、自営業(フリーランス)をしている者です。

 遺骨に関してのエピソードを書いていきたいと思いますが、自分は母親の遺骨は、自分の部屋にあり、手元供養をしております。これはこれで、母親をいつも身近に感じられるので、良い供養の仕方だと思っております。

 これからも手元供養をしていくと思います。

 ところが遺骨に関しての納骨の仕方は色々とあるようです。(地域にもよるのだと思います。)

 日本ですと葬式の後に火葬されて、家族等によって骨壺に収められます。自宅に保管して僕のように手元供養するか、寺院に預けるのか、お墓があれば四十九日に納骨するのが普通のパターンだと聞いておりました。

 ところが僕の友人の父親の遺骨に関しては、「火葬したその日のうちにお墓に埋葬(納骨)したよ!」ということでした。

 僕は思わず「え?は、早くない?」というと、「いや。普通だよ。俺の地域は昔からそうだよ?」と言われました。
 
 よって地域によってすぐに埋葬したり、上記のように手元供養なり寺院なり、お墓に四十九日に埋葬したり等なので、供養の仕方って色々あるものだと勉強にもなりました。