少人数以外葬儀内容は特に変わらない家族葬

従来のお葬式とは一線を引くのが家族葬であり、近所の人や会社関係者などを含めた、一般の大勢の参列者の姿はありません。遺族や仲の良かった友人知人のみ、厳選された少人数で行うのが家族葬だからです。これまでのお葬式スタイルと、家族葬の内容が大きく違うわけではありません。大きく異なるのは参列をするメンバーや人数であり、故人の希望を優先したお葬式を出せるのも家族葬のメリットです。これまでの大きなお葬式だと、葬儀社側の指揮のもとで進められるので、希望をそのまま実現することは難しいですが、家族葬なら柔軟な対応ができます。残された遺族にとっても、お葬式は何よりも、故人の意志や想いを尊重してあげたいですし、希望を形にできるお葬式にできれば最高です。ニーズを叶えるお葬式ともいえるのが家族葬であり、参列者が少ないので、ゆっくりと故人との最後のお別れをすることができます。たくさんの参列者がある中で、悲しみをこらえながら葬儀を取り仕切るような負担も、少人数でアットホームな家族葬ならばありません。