家族葬が向いている方とは

家族葬が向いている方としては、まず「ゆったりとした気持ちでお別れがしたい」という方が挙げられます。この葬儀スタイルは身内だけの少人数で行えるため、大勢の参列者の対応に追われることがなく、ゆったりとした気持ちで故人とのお別れができます。それに身内だけの集まりなので、和やかな雰囲気で葬儀を行うこともできるでしょう。
次に挙げられるのは、「ご近所付き合いや人付き合いが少ない」という方です。従来の葬儀ではご近所の方も参列者として招くのが普通でしたが、最近はそこまで親しい付き合いがないという場合も多いでしょう。それに、会社関係の方なども特に呼ぶ必要がないと考える方も増えているのではないでしょうか。このように、大勢の方を呼ぶ必要性を感じない場合やそもそも呼ぶ人があまりいない場合に、小規模な家族葬は向いていると言えます。
さらに、家族葬は一般葬よりも安く済むため、「費用を節約したい」という方にも向いています。しかし、家族葬は香典収入があまり期待できないので、その点も考慮した上で本当に節約できるのかどうかをよく検討する必要があるでしょう。